Microsoftの無償ツール「SDelate」でデータを完全削除する方法

Microsoftの無償ツール「SDelate」でデータを完全削除する方法

 パソコンを破棄するとき、どのように処分されますか? パソコンの中にさまざまなデータが蓄積されていますが、まず、このデータをきちんと消去したいところです。
 そこで、データ消去ソフトが必要になってくるのですが、有料のもの、無料のもの、いろいろとありますが、Microsoft公式の無償ツールがダウンロード出来ますので、使ってみましょう。

データ消去前の下準備

1.データのバックアップ

2.Microsoftアカウントからローカルアカウントへ変更

データ消去手順

手順1.
 

SDeleteユーティリティーをダウンロード

  Windows Sysinternals SDelete(Windows Sysinternals) 
  SDelete v2.04(直接ダウンロード) 
  
 上記のどちらかからSDeleteユーティリティーをダウンロードし、PCのローカルディスクの「ダウンロード」フォルダに「sdelete.exe」を保存する。

手順2.

 [Shift]キーを押しながらPCを再起動します。「トラブルシューティング」を開いて、詳細オプションの「コマンドプロンプト」を選択します。

手順3.

 コマンドプロンプトが開いたら、ローカルにインストールされているOSの「起動ボリューム」(「Windows」ディレクトリのある、オンライン時のCドライブ)のドライブ文字を確認し、「sdelete.exe」がある場所に移動し、次のコマンドを実行します。

※ドライブ構成の確認は、「notepad」と入力してメモ帳を開き、名前を付けて保存を開くとわかります。

  copy sdelete.exe x:

手順4.

 Xドライブで、OSの起動ボリューム(オンライン時のCドライブ、以下の例では現在のDドライブ)をクイックフォーマットします。その後、フォーマットしたドライブに対してsdelete.exeを実行します。
 

  X:
  FORMAT D: /FS:NTFS /Q
  sdelete -p 2 -c D:


 OSの起動ボリュームをいったんフォーマットしてから、全ての空き領域に対してsdelete.exeを実行する。「-p」オプションは上書きする回数指定です。「-c」オプションは全ての空き領域にランダムなデータを上書きしてから消去します(-cオプションは、米国国防総省《DoD》準拠の消去方法です)。

 SDeleteユーティリティーは空き領域の上書き消去、MFT内のファイルの上書き消去を行い、全てを完全に消去してくれます。かなり長い時間(5~6時間)を必要とします。

手順5.

 フォーマットするPCのディスクには、他のパーティションも存在します。念のため、これらのパーティションのボリュームもフォーマットした上でSDeleteユーティリティーを実行すると完全です。

手順6.

 「DISKPART」コマンドを実行し、全てのパーティションを削除してから、シャットダウンします。以下は、今回消去の例です。

  DISKPART
  DISKPART> LIST DISK
  DISKPART> SELECT DISK 0
  DISKPART> LIST PARTITION
  DISKPART> SELECT PARTITION 3
  DISKPART> DELETE PARTITON
  DISKPART> SELECT PARTITION 2
  DISKPART> DELETE PARTITON OVERRIDE
  DISKPART> SELECT PARTITION 1
  DISKPART> DELETE PARTITON OVERRIDE
  DISKPART> EXIT
  WPEUTIL SHUTDOWN

手順7.

 BIOSセットアップメニューを開いて、工場出荷時の設定にリセットします。

手順8.

 これでデータ消去作業は完了です。念のため、電源を入れても、内蔵HDDにはもう何もないので、エラーが表示されるだけになりました。